月経前症候群の原因と治療法

月経前になるとイライラしたり、体調をくずしがちになったり…女性なら誰でも経験したことのある月経前症候群を解剖すると?

サイトトップ > 女性の約8割が経験している症候群

スポンサードリンク

月経前症候群の原因と治療法

女性の約8割が経験している症候群


月経前になると「イライラする」、「気分が沈んでしまう」、「体調がわるくなる」というような症状は、女性の約80%が経験しているといわれています。このような、排卵から月経開始までの時期に現れる、身体的・精神的に不快な症状を総称して「月経前症候群(PMS=Premenstrual Syndrome)」と呼ぶのです。


「月経前症候群」の症状は、ひとによって実にさまざま。「胸が張ってくる」、「下腹部に痛みを感じる」といった身体的な変化や兆候から、あるいは「怒りっぽくなる」、「理由もなく悲しくなる」というような精神的症状など、例を挙げればきりがありません。


「月経前症候群」は排卵のある(妊娠可能な)女性であれば、誰にでも起こりうる症状です。決して特別なものではなく、むしろ女性として健康である証ともいえるでしょう。


けれどこの症候群は月経の周期ごとに反復して現れるのですから、わずらわしい存在であることも事実。さらに個人差の度合いも激しく異なり、症状が現れてもそれほど気にならない程度のひともいれば、反対に日常生活でさえ困難になってしまうひともいるのです。後者のように極端に重度の症状が現れるものを、とくに「月経前不機嫌性障害(PMDD)」といいます。


月経前症候群の原因と治療法

MENU



スポンサードリンク